今更PS3とGT6 (国内Aクラス)


#マッターホルン・ローテンボーデンに真打登場?

国内Aクラスの独自ルールは、R35とレーシングカー以外を使用すること。
それ以外ならどの日本車でもOKとしています。(※一部車両指定のレースは除く)
よって、スカイライン・シリーズとなりました…。
 

クラブマンカップ PP500:日産・スカイラインGT-R Vスペック II (R32) ’94

クラブマンカップ PP500 (PP600/SS)
日産・スカイラインGT-R Vスペック II (R32) ’94 (PP600/SS)

1.マッターホルン ローテンボーデン (3Laps) PHOTO
2.ローマ市街地コース (3Laps)
3.マウントパノラマ モーターレーシングサーキット(3Laps)

GT-Rの中では最もスリムでクールビューティーなR32ですが、
ここでもイメージ通り駿足で、GT-Rの存在を世に知らしめただけのことはあります。
マッターホルンのような峠にも持ってこいの車です。(そういえば四駆だった…)
国際クラスやスーパークラスでも十分に戦えるポテンシャルを備えています。
 

ナイトマスターズ:日産・スカイライン2000GT-R (KPGC110) ’73

ナイトマスターズ (PP450/SS):日産・スカイライン2000GT-R (KPGC110) ’73 (PP450/SS)

1.マウントパノラマ モーターレーシングサーキット (3Laps) PHOTO
2.マッターホルン ローテンボーデン (3Laps)
3.ウィロースプリングス ビッグウィロー (3Laps)

夜道で、しかもパワーを要するコースでケンメリで大丈夫か…と不安でしたが、
チューンするとこれが意外と走る。R32と好勝負でした。
旧車とはいえGT-Rなので安定感と速さは健在、国内クラスのお勧め車両です。
 

ゴルナーグラート・リーグ:日産・スカイラインGT-R Vスペック (R33) ’97

ゴルナーグラート・リーグ (PP600/SS)
日産・スカイラインGT-R Vスペック (R33) ’97 (PP600/SS)

1.マッターホルン ローテンボーデン (3Laps)
2.マッターホルン リッフェルゼー (3Laps) PHOTO
3.マッターホルン ドリスタレン (3Laps)

R32に比べるとちょっと恰幅が良くなっていますが、
決して鈍重ではなく、峠向き、高速向きに変わりはありません。
巷ではドリフトに向いていると評判です。(私はドリフトも苦手ですが…)
R33といえば、オートメッセで松田次生選手の赤いR33を見てきたのですが、
普段乗りの車のわりには、とてもキレイにされていて、 
まるで展示車両のようでした。
 

クラブマンカートカップ100:グランツーリスモ・レーシングカート 100 SPL.

クラブマンカートカップ100:グランツーリスモ・レーシングカート 100 SPL. (PP457)

1.オータムリンク・ミニ (3Laps)
2.カートスペース I (5Laps) PHOTO
3.グランツーリスモアリーナ・Aレイアウト (5Laps)

カートスペースはクラブのような華やかな空間ですが、
そのキラキラ感が眩しくて、元々の難しさに拍車をかけているような気がします…。
 

レース・オブ・NAスポーツ:日産・スカイラインセダン 350GT タイプSP ’06

レース・オブ・NAスポーツ (PP500/SS)
日産・スカイラインセダン 350GT タイプSP ’06 (PP500/SS)

1.シルバーストン グランプリサーキット (3Laps)
2.鈴鹿サーキット (3Laps) PHOTO
3.ブランズハッチ GPサーキット (3Laps)

V36セダンはつくづく万能車だと思います。
警察車両(覆面)にもなり、ファミリーカー代わりにもなり、
いい意味でおっさんセダン代わりにもなり、サーキットでも走れそう。
ここ何年かは地元ではR32〜34をあまり見かけなくなりましたが、
このV36セダンは今でも時々見かけます。なので私はスカイラインの生き残りだと思っています。
近所では魚屋の女将さんらしき方が、このセダンに乗っておられます。
先日は自転車の私に道を譲ってくださり、とても好印象を抱いております。
 

レース・オブ・ターボスポーツ:日産・スカイラインHT 2000GT-R (KPGC10) ’70

レース・オブ・ターボスポーツ (PP550/SS)
日産・スカイラインHT 2000GT-R (KPGC10) ’70 (PP484/SS)

1.ディープフォレスト・レースウェイ (2Laps)
2.トライアルマウンテン・サーキット (2Laps)
3.スパ・フランコルシャン (2Laps) PHOTO

またパワーの要するコースでハコスカで大丈夫かと不安になりましたが、
これがまた意外と走る…。やっぱりGT-Rでした。
序盤はZとシルビアを交わし、終盤はロータスのエヴォーラと接戦でした。
 

MRチャレンジ:ホンダ・NSX Type R ’02

MRチャレンジ (PP500/SH):ホンダ・NSX Type R ’02 (Pp500/SH)

1.マドリード市街地コース・ミニ (3Laps)
2.トライアルマウンテン・サーキット (3Laps)
3.アプリコットヒル・レースウェイ (3Laps) PHOTO

MRは苦手なのですが、MRの中でもNSXは比較的乗りやすい車です。
自分の中ではFRっぽいMRという感じです。(あくまで個人の感想です)
敵車にもNSXが多く登場しましたが、終盤はミウラと接戦でした。
 

4WDチャレンジ:日産・スカイラインGT-R Vスペック II Nür (R34) ’02

4WDチャレンジ (PP500/SH)
日産・スカイラインGT-R Vスペック II Nür (R34) ’02 (PP497/SH)

1.ブランズハッチ インディサーキット (3Laps)
2.ウィロースプリングス ビッグウィロー (3Laps)
3.グランバレー・スピードウェイ (2Laps) PHOTO

中盤でR33と対決しました。グランバレーも少しクセのあるコースですが、
私のヘタクソな操作でも、R34はキビキビと動いてくれます。
この車も現実ではなかなかお目にかかれないのですが、
先日、夜に白いR34が通りをすり抜けてゆく姿を見てハッとしました。
 

レーシング “E”:日産・リーフ G ’11

レーシング “E” (PP400/SH):日産・リーフ G ’11 (PP349/SH)

1.ハイスピードリンク (2Laps)
2.マッターホルン ドリスタレン (2Laps)
3.ロードコース-インディ (2Laps) PHOTO

リーフでマッターホルンやインディはどうかと思いましたが、
まあ何とかなりました…。(マッターホルンは接戦でしたが…)
このグリーンは標準色ではなく、BMW 2002 Turbo ’73のTaiga Metallicから拝借しました。
 

イタリアン・フェスティバル:フィアット・500 1.2 8V ラウンジ SS ’08

イタリアン・フェスティバル (PP500/SS)
フィアット・500 1.2 8V ラウンジ SS ’08 (PP471/SS)

1.ローマ市街地コース (3Laps) PHOTO
2.モンツァ・サーキット(シケイン無しレイアウト) (3Laps)
3.コート・ダジュール (3Laps)

ディーノがあまりにも美しかったので、一緒に収めました。 
フィアット500も軽快かつ小回りが効いて乗りやすいですね。
角ばったコーナーもすいすいと交わせます。
 

ヨーロッパ・ホットハッチカーレース:ミニ・ミニクーパー S ’11

ヨーロッパ・ホットハッチカーレース (PP500/SH):ミニ・ミニクーパー S ’11 (PP500/SH)

1.ロンドン市街地コース (3Laps) PHOTO
2.ブランズハッチ インディサーキット (3Laps)
3.スパ・フランコルシャン (2Laps)

ミニは今やBMWグループですが、かつてはイギリス車だったので、
ロンドンでも走らせて見ました。実はロンドンは苦手なコースですが、
小型で旋回性に優れたミニだととても走りやすいです。
 

シュワルツ・ヴァルド・リーグ:アウディ・R8 5.2 FSI クワトロ ’09

シュワルツ・ヴァルド・リーグ (PP560/SS):アウディ・R8 5.2 FSI クワトロ ’09 (PP559/SS)

1.ケープリンク 南コース (3Laps) PHOTO
2.ロンドン市街地コース/逆走 (3Laps)
3.ニュルブルクリンク 北コース (1Lap)

このR8は4WDにしてはよく滑り、FRのような乗り心地です。(あくまで個人の感想です)
一方、この車のチューニングカーであるR8 5.2 FSI クワトロ クロムラインは非常に乗りやすく、
ドイツ車はこれ1台で間に合ってしまうのではないかと思うほどです。
チューニングの力恐るべし…。
 

オールドマッスルカーレース:シボレー・エルカミーノ SS 396 ’67

オールドマッスルカーレース (PP600/SS):シボレー・エルカミーノ SS 396 ’67 (PP578/SS)

1.ウィロースプリングス ビッグウィロー (3Laps) PHOTO
2.ラグナセカ・レースウェイ (3Laps)
3.マッターホルン ドリスタレン (3Laps)

意外と当たりの車です。個人的にはダッジの車より乗りやすいです。
このエルカミーノを見たとき、昔ウチにあったダットサンの620型を思い出しました。
色もちょうど濃い抹茶色のようなこんな感じだったので、
遠巻きにはウチにあった車が走っているように見えます。
そういえばハコスカやケンメリのフロントも、何となくダットラに似ているので、
私のスカイライン好きは、どうやらこの辺がルーツになっているようです。
 

GTナショナルチャンピオンシップ:日産・スカイラインクーペ 370GT タイプSP ’07

GTナショナルチャンピオンシップ (PP500/SH)
日産・スカイラインクーペ 370GT タイプSP ’07 (PP500/SH)

1.シルバーストン インターナショナルサーキット (3Laps)
2.アプリコットヒル・レースウェイ (3Laps)
3.マウントパノラマ モーターレーシングサーキット (3Laps)
4.モンツァ・サーキット (3Laps) PHOTO
5.ブランズハッチ GPサーキット (3Laps)

GT6内での愛車です。市販車ではこのV36クーペに一番乗っています。
FRのわりには非常に安定していて、雨や雪の中でも比較的滑りにくいので、
序盤の練習車としてもちょうど良い車です。
先日、地元のホームセンターの駐車場でこのクーペを見かけました。
V36セダンは時々見かけますが、クーペは地元では滅多にお目にかかれないので、
思わず写真を撮ってしまいました…。
V系はR系に比べると賛否が分かれる車ですが、私は好きです。
 

BMW・1シリーズミーティング:BMW・135i クーペ ’07

BMW・1シリーズミーティング (PP500/SH):BMW・135i クーペ ’07 (PP500/SH)
ニュルブルクリンク GP/F (5Laps)

ニュルは北コースだけでなく、GPコースも難しいですが、(5周が長く感じる…)
お膝元でのミーティングはなかなか雰囲気があって、
ああ、なんかドイツやな…という気にさせてくれます。
 

シビックレース:ホンダ・シビックTYPE R ’08

シビックレース (PP500/SH):ホンダ・シビックTYPE R ’08 (PP500/SH)
鈴鹿サーキット (3Laps)

白い車で挑んだのですが、エントリー車も白が多かったので、
リプレイの前半はどれが自分のTYPE Rなのか見失いそうになりました…。
鈴鹿でホンダの車を走らせると、当たり前ですが、とても地元感が湧きます。
 

ロードスターカップ:マツダ・ロードスターRS (NC) ’07

ロードスターカップ (PP400/SH):マツダ・ロードスターRS (NC) ’07 (PP400/SH)
筑波サーキット (8Laps)

こちらはグリーンの車で挑んだのですが、ここでもダークカラーなエントリー車が揃っていて、
やはりリプレイの前半は敵車に紛れて分かりにくかったです。
筑波は大きな車は走りにくいですが、ロードスターは相性がいいと思います。
しかし写真を調整すると水彩画のようになってしまい、(コレに限りませんが…)
そろそろMac標準の写真アプリでは限界というか、物足りなくなってきた感があります…。
(というか元の写真、自分の写真の撮り方が悪いのが主な原因ですが…)


カテゴリーgtタグ

コメントをどうぞ