GTS プレカー日記 #001 (LEXUS RC F ’14)

rcf_14_danube
#ドナウ湖畔にて。(ブダペスト・ハンガリー)

またブログの更新が止まっていますが、その停滞を少しでも防ぐために(?)
この辺りでGTSの収録車種をご紹介したいと思います。
旧内容のGTSクローズドベータテストの車両編(N300/GR.4/GT3/Gr.3)が
未だに地味にアクセスがあるので、少しはその内容に代わるものをアップしておかなければ…。
というわけで、再び独自ルールで新シリーズを始めます。
 

GTSのプレゼントカー日記の独自ルール

 
1. デイリーワークアウトなどでプレゼントカーを獲得したペースでアップすること
2. 車両はスケープス、コース内で撮影し、試走はその車両の初期状態(ノーマル)で行うこと
3. 本日(2018.06.23)の獲得分から記録すること

GTSベータ期から正式版発売時期、そして最近に至るまでに購入、獲得した車両は
いつ頃納車されたのかよく覚えておらず、メーカー別、クラス別にどの車が何台あるのか
把握しづらくなってきたので、上記3行目のルールを無理矢理加えました。
日記の目的は、獲得車両を大まかに確認することも兼ねています。

今後も相変わらずスローペースで速報性は皆無ですが、
ド素人の気まぐれ車種紹介とでも捉えていただければ幸いです。
 

レクサスRC F ’14の基本スペック

rcf_14_spec.jpg

☆RC F ’14のスペックとパフォーマンス (2018年6月23日納車)

・メーカー(国/地域):レクサス(日本)
・カテゴリー:N500
・最高出力:476PS/7,000rpm
・最大トルク:54.0kgfm/5,000rpm
・駆動形式:FR
・吸気形式:NA
・総排気量:4,968cc
・全長×全幅×全高:4,705mm×1,850mm×1,390mm
・車両重量:1,790kg
・年式:2014
・最高速:8.1
・加速:4.0
・ブレーキング:2.0
・コーナリング:1.8
・安定性:4.9

技術的なことは全く分からないので、とりあえずスペック表を丸写しするコーナーです…。
ボディカラーはホワイト一択でした。
ちなみにエンジンは2UR-GSE(V型8気筒5.0L)だそうです。(ソースはWikiより)
 

フリーラン:京都ドライビングパーク・山際+雅

ここで言うフリーランとは、アーケードモードのタイムトライアル内で
ラップタイムを一切気にせずにのんびり周遊することです。

京都ドライビングパークはコースの間に中庭があります。
スペースを空けずに有効活用しているところが京都らしいですね。
景観に重きを置いた箱庭的なコースですが、
山際と雅が繋がると、国際レーシングコースさながらの様相に。
そんなアップダウンな道のりをRC Fは優雅に力強く進んで行きます。
ラージクーペはやはりラグジュアリー感がありますね。
 

シングルレース:ドラゴントレイル・ガーデンズ

rcf_14_dragon_g

近年のレクサスはフロントグリルが何かと話題になっておりますが、
正直なところ、当初は私もあのグリルは好みではありませんでした。
しかし実車を見かけたり、写真や映像で繰り返し見ていると、
その印象が大きく変わることがあります。見慣れてくると不思議と良く思えてくるものですね。
それはあの”涙目レクサス(LC)”も同様です。
レクサスと言えば、私はGT6のLFAで苦労していたので、RC Fはどうだろうかと
色々不安がありましたが、GTSのRC Fの足元は、GT6のLFAより滑らなかったので、
意外と走りやすかったです。(比較がおかしくてすみません…)


あなたにおすすめ?

コメントをどうぞ