SUZUKA 1000km THE FINALの予選でまったりと

suzuka circuit
#2017.08.26 鈴鹿サーキットにて。サーキットホイール(観覧車)からGPスクエアを見下ろす。(S120)

2017年8月26日の午前3時、転寝から目が覚めると居間の気温が32度。
暑苦しさの中で身支度を終えようとした時、やっぱり家で予選観ようかな…と怠慢がよぎりました。
しかし赤福氷が食べたかったのではないか、カブキGT-Rが見たかったのではないか、
それに1000km最後やで…と自らに問いかけ、(大袈裟…)
何とかダルい身体を発憤させて鈴鹿に行ってきたのでした…。
 

今回も電車(途中まで気動車)に乗って鈴鹿へ

gp entrance
#GPエントランスにも横断幕が。(S120)

遠出恒例の覚え書きです。今回は朝2番の特急に乗りました。
新宮駅から9時13分発の南紀に乗り、11時43分頃に津駅に到着。
ここからはスマイコの出番です。11時56分発の近鉄名古屋線急行(名古屋行)に乗り、
12時10分頃に白子駅に到着。次のサーキット行きの定期バス(各停)は12時30分だったので、
時間的には余裕があってちょうど良いかと駅を出てみたら、
バス停前にはすでにそれらしいお客さんの長い列が。
しかも、この時はまだ定期バスとは別に、サーキット行きの臨時バスも待機していたので、
(予定では往路の臨時バスの運行は7時からは11時までだった)
運良くその臨時に乗せてもらうことができました。
各停バスより少し早めの12時23分頃に白子駅を出て、直通で12時43分頃にサーキットに到着。
白子駅〜サーキット間(往路)の所要時間は約20分でした。片道の運賃は大人400円、小児200円。
ちなみに三重交通のバスは2016年の春から交通系ICが利用可能になっています。
 

鈴鹿1000kmの歴史の一端と新しい鈴鹿10耐の幕開け

s800
#手前からホンダS800、トヨタ7、タイサンスターカードポルシェ962と続きます。(S120)

しかし鈴鹿1000kmの終焉は、やや唐突な幕切れのようにも思えるので、
THE FINALという実感があまり沸かないまま、GPスクエア内を軽く一周しました。
そこでまず出迎えてくれたのが、鈴鹿1000kmを彩った名車たちです。 
 
 
toyota7

GT6で苦労しているトヨタ7さんの実車がここに…。隣のポルシェ962の奥はTS010です。
 
 
r92cp

R92CP、エッソウルトラフロースープラ、ザナヴィニスモGT-R、
ウィダーモデューロHSV-010が並びます。この辺りはわりと最近の車ですね。
 
 
nsx gt3

そして2018年のSUZUKA 10HOURSの開催を記念して、GT3カーも展示。
ホンダNSX GT3と日産GT-R nismo GT3が10耐の宣伝に華を添えます。
 

3台のGT-Rと…

gt-r nismo gt3
#ゴジラはオーストラリアでも大人気。(S120)

バサースト12時間(オーストラリア)で大活躍したGT-R nismo GT3です。
歌舞伎顔を連想させるカラーリングなので、カブキGT-Rとも呼ばれています。
 
 
gt-r my17

ヨコハマブースにも早速MY17のGT-Rが鎮座。
アピールポイントはホイールとHKSのカスタマイズのようです。
 
 
advan wheel

アドバンホイールでドレスアップ。ホイールを変えるだけでも随分印象が変わりますね。
 
 
gt-r nismo my17

日産ブースには今回はGT-R NISMO(MY17)が。ニスモドライビングアカデミーのロゴ入りです。
価格は18,700,200円(消費税込)。高嶺の花ですがスペックを考えるとお買い得だそうです。
 
 
shokumou.jp gt-r

所変わってレーシングコース。GT300のQ1を観に最終コーナー付近へ。
シャッターチャンスを狙いましたが、コンパクトカメラでは全くもって追いつかず…。
比較的マシに収まったものでもこの程度です…。(これでもズームいっぱいです)
現在話題沸騰中の植毛GT-Rですが、海外ではミントジラ(MintZilla)と呼ばれています。
そういえばMintZillaでググってみると、ミントカラーのハコスカが出てきますが、
ミントとゴジラを掛け合わせたこの愛称は、以前から使われていたのですね。
 
 
calsonic impul gt-r

最終コーナーからホームストレートは車両のスピードが出ているので捕えにくく、
それならシフトダウンするあの場所に行けば撮れるかもしれない…?と、
GT500の予選では日立オートモティブシステムズシケイン前に移動しました。
バトン選手のまさかのQ1アタックにゾワゾワしながらシャッターを押し続けていましたが、
Q1とQ2を通してまともに写ったのはこのカルソニックブルーぐらいか…。
この日ポールを獲得した肝心の24号車(フォーラム)は見事にピンボケでした…。
そして…。

わざわざ自分のつぶやきを貼り付けるのも何ですが、
写真、動画を含め一番マシに収まったのがこのFRO(スカイラインクロスオーバー)でした…。
この時のスカクロさんは通常のスピードで走ってくれたので追いやすかったです。
 

注目のGRAN TURISMOブース

gran turismo booth
#予選前にも立ち寄りましたが、写真を撮り直しにまた来る。(S120)

予選後、前夜祭まで時間があるので再びGPスクエアをブラブラ。
GTブースは昼間にも増して賑わっている様子です。
 
 
gran turismo sport simulator
#1人の持ち時間は5分でした。(6s)
 
gran turismo sport suzuka
#車内視点でプレイする誰かさん。(6s)

試遊台のハンコンはスラストマスターのT300RS(GT EDITION)で、モニターはブラビアでした。
今回のGTブースでは鈴鹿のフルコースがプレイ可能になっていました。
これまでのGTSのプロモーションでは鈴鹿はごく一部分しか公開されていなかったので、
おおお遂にフルコースや…!と人様の後ろでしげしげと拝見…。
この写真はザラザラですが、GTブースのGTSはウチの環境(2Kビエラ+スリムPS4)とは全く違い、
とても美しく、艶やかで明るい映像でした。
 

帰りの渋滞を気にしながらナイトストレートウォーク

gt-r nismo gt3 tail
#日産ブースのGT-Rでバックショットを撮り忘れたので、ここではすかさず。(S120)

ピエール北川アナウンサーの軽快なやりとりと共に、
星野一義監督と関谷正徳監督が往年のプロトカーでぶっちぎり、
イギリス紳士なジェンソン・バトン選手、クールな中嶋一貴選手、
ムードメーカーな小林可夢偉選手、今や日産のアイドル千代勝正選手らが
それぞれのトークでグランドスタンドを盛り上げた前夜祭のシメは、GT3カーのデモランです。
千代選手がバサーストを制したこのマシンで鈴鹿を駆け抜け、
バトン選手がNSX GT3に乗ってGT-Rと軽くバトルするという光景は、
まさしく真夏の夜の夢でした。
 
 
suzuka home straight

前夜祭後、ホームストレートとピットレーンが開放されたので、
帰りの渋滞や電車の時間を気にしながら、ちょっとだけ…とササっと歩いてきました。
今までグランツーリスモの中でしか通過したことがなかったゲートを、
実際にくぐることができるのは素晴らしい…。
甲子園の土をかき集めるように、アスファルトに手を当てている人が何人かいたので、
私も真似しました。
 
 
suzuka pit

日産勢のオイルタンクが並ぶピットにも足を運びます。
23号車のピットは閉じられていましたが、いくつかのチームのピットはまだ開いていました。
 
 
b-max garage

3号車のB-Maxのガレージではまだ灯りがついていました。
メカニックさん達が何かを調整しているようです。
 
 
s road garage

46号車のボンネット。GTカーのボンネットは外しやすそうですね。(?)
ここに来たら、スタッフのお姉さんが集まったお客さん達に
千代選手のポストカードをプレゼントしていたので、私もありがたくいただきました。
 
 
s road pit wall stand

46号車のピットウォールスタンド。
競技中、監督などが座っている司令塔がこんなに間近で見られるのも貴重です。
チェアにもスポンサー様のステッカーが貼られています。

ナイトストレートウォークは19時半頃に切り上げて、レーシングコースを後にしました。
19時37分頃、サーキット前で待機していた臨時バスに乗り、20時頃に白子駅に到着。
8月26日(土)のサーキット〜白子駅間(復路)の所要時間は約23分でした。
下りの電車は20時4分発の近鉄名古屋線急行(鳥羽行)に乗り、20時14分頃に津駅に到着。
ここからはいつもの気動車に乗り換えです。
20時42分発予定の南紀は先行の列車の遅延の影響で、定刻より6分遅れて20時48分に津を発車。
新宮駅に到着したのは定刻の23時14分以降でしたが、
この日は無事、日が変わらないうちに帰宅することができました。
 

最後に本日のお品書きとお土産

suzuka akafuku
#GPスクエア入り口の左端に臨時店舗を構えている赤福。長蛇の列は相変わらず。(S120)

鈴鹿といえばフード系も充実していたので、そのごく一部、
自分が食べたものを振り返ってみたいと思います。
 
 
ise udon

お昼はグランドスタンド前の伊勢うどんで、海老おろしうどん(冷)を一杯。
伊勢うどんという店名から、柔らかいうどんを想像しましたが、
普通にコシのある一般的なうどんでした。サッパリしていて、真夏の観戦にはピッタリですね。
 
 
akafuku ice

赤福氷を初めて食べたのは実は今から2年前の夏、名古屋の高島屋の赤福茶屋でした。
その時はふわふわの氷に熱々のほうじ茶という組み合わせが絶妙でしたが、
炎天下で食べる赤福氷もまた格別。後味スッキリの抹茶みつと特製のこし餡。
これほど美味しいかき氷を食べたのは何年振りでしょうか…。
餡と餅は別々になっていて、餅は冷たくても固くなり過ぎないように工夫がされています。
 
 
suzutako

前夜祭前、夕食は鈴たことコカ・コーラをグランドスタンドで。
私が今回食べた鈴たこは、どこか和風なソースが香ばしいベーシックな味でした。
次回は人気があるという伊賀はさめず醤油たこを食べてみたいでね。
 
 
nismo goods

お土産はこちら。ニスモのスポーツタオルと、SUPER GTのウェイトハンデステッカー。
ステッカーは以前から欲しくてやっと手に入れました。
タオルは部屋のG29(ハンコン)のカバーとして使う予定です…。
うちわはタオル購入時にオマケでいただきました。
 
 
shell leines

このマドレーヌはシェル・レーヌといい、津駅のベルマートで購入しました。
この形と素朴な味に惹かれて、ここ数年は盆の時期に仏さん用に買って備えていたのですが、
昨年から地元の店舗がシェル・レーヌを取り扱わなくなり、
近場で買えなくなってガッカリしていました。そんな中、偶然出先で見つけてラッキーでした。
 
ブランカオンラインショップ

(注:決してブランカ様の回し者ではございません…)


あなたにおすすめ?

  • 2016 SUPER GT Round6 SUZUKA 1000km2016-09-04 2016 SUPER GT Round6 SUZUKA 1000km #2016.08.28 三重県警のインプレッサはちゃんとゴールドのホイールを装着していました。(S120) SUPER […]
  • GTSクローズドベータテスト (車両編/GR.4)2017-07-12 GTSクローズドベータテスト (車両編/GR.4) #もう1台のGT-Rさん参上! GR.4は市販スポーツのレーシングモディファイという趣です。 8台のテスト車両はどれも走りやすく、曲がりやすく、止まりやすくなっていま […]
  • 今更PS3とGT6 (国内Bクラス)2016-10-01 今更PS3とGT6 (国内Bクラス) #S2000でトライアル・マウンテンを攻める? 国内Bクラスの独自ルールは、クラシックカーを除き4,200mm以下の車両を使用すること、 つまりコンパクトカー・シリー […]
  • GTSクローズドベータテスト (車両編/GR.3/Gr.3)2017-07-17 GTSクローズドベータテスト (車両編/GR.3/Gr.3) #画像の動物園、ガズーレーシング。 GR.3の続きです。Gr.3仕様7台とVGT3台のお披露目です。 写真は前回のGT3と同様、ノーザンアイル・スピードウェイで撮影し […]
  • GTSクローズドベータテスト (ファイナル編)2017-06-18 GTSクローズドベータテスト (ファイナル編) #GT-Rさんの登場です! 最近、GT6の写真撮影用にようやく国際Bクラスを走りかけてリプレイ保存していたのですが、 その矢先にGTSのクローズドベータが始まってしま […]
  • 今更PS3とGT6 (Lap3/NISSAN VGT編)2015-12-13 今更PS3とGT6 (Lap3/NISSAN VGT編) #2015.12.05 第9回大阪モーターショーにて。NISSAN […]
  • 今更PS3とGT6 (国際Bクラス)2017-08-25 今更PS3とGT6 (国際Bクラス) #ニュルブルクリンクGP/Fで60〜70年代にタイムスリップ。 久しぶりにGT6を開けました。不特定ごく少数の皆様、大変お待たせいたしました。(?) キャリアモードの […]
  • 今更PS3とGT6 (国内Aクラス)2016-10-22 今更PS3とGT6 (国内Aクラス) #マッターホルン・ローテンボーデンに真打登場? 国内Aクラスの独自ルールは、R35とレーシングカー以外を使用すること。 それ以外ならどの日本車でもOKとしています。( […]

コメントをどうぞ