GT7 オープニングとGTカフェ

東京・日本橋にて。手持ちの車でGT7のジャケットを真似てみる…。

当初はGTSのイベントを完了させてからGT7に移行するつもりでしたが、GTSがあまりにも進んでいないので、先にこちらに来てしまいました…。(毎度の中途半端ですみません…)
GT7の基幹イベントであるGTカフェ(メニューブック)と任意科目のライセンスを一通り終えたので、早くもモチベーションが下がる中、その一連の流れを振り返っていきたいと思います。

ワールドマップの前にミュージックラリー

ドライブ感覚のミニゲーム、ミュージックラリー。

今回もGTSと同様に、GT7のダウンロード版(25周年エディション)を購入してPS4に事前DLし、当日に備えました。2022年3月4日(金)午前0時と同時にGT7がプレイ可能になり、まずはオープニングムービー、ではなくモニターの画面設定に誘導され、その設定が完了するとミュージックラリーのホーム画面が現れました。

アルザス・ビレッジ:最初のシートはいきなりポルシェの旧車。

ミュージックラリーとは、BGMが終わるまでにどれだけ走れるか挑むイベントで、GT6のシエラのタイムラリーやGTSのミッションチャレンジ内にあったタイムラリーと同等の内容です。まずはクラシックメドレーとともにポルシェの356 A/1500 GS GT Carrera Speedster ’56に乗ってアルザス・ビレッジを走るのですが、GT7の幕開けが現代のコンパクトカーではなく、ポルシェのクラシックカーから始まったことが意外でした。クラシックなフワフワ挙動でアルザスを駆るとは、最初からハードルが高めというか…?
のんびり走る分には楽しいドライブになりますが、ゴールドを目指すとなると、それなりに気合を入れて走らないと距離を稼げません。ちなみにミュージックラリーには賞金がなく、走行距離もデイリーワークアウトに加算されませんのでご注意を。
ここでの一走りを終えると、ワールドマップ(本編)が開放され、オープニングムービーが流れます。

ワールドマップのホーム画面はグランツーリスモ島。

オープニングムービー後に早期特典、25周年エディション特典の車両が納車されると、GT7のホーム画面が現れました。風光明媚な半島(?)に様々なパビリオンが建っており、ユーザーはこれから自分のガレージを拠点に、各パビリオンを行き来する生活が始まります。そしてその生活を支える人々(人物)もここから登場します。まずはGT7の水先案内人サラさん、中古車ディーラーのアンディさんが登場し、日本のコンパクトカーを購入する流れになります。

GTカフェはGT7のツアーインフォメーション

世界を転戦するためのカフェ通い。豊富なメニューに悩む日々?

後日更新。

GTカフェの外観。レーシングカーでご来店。(カフェ訪問時に使用している車がガレージに反映される)

後日更新。

GTカフェのメニューで使用した車

ノーザンアイル・スピードウェイ:最初の車と言えばやはり…。

後日更新。

富士スピードウェイ:シルバーのGT-Rは購入車、赤いGT-Rはプレゼントカー。

後日更新。

この記事を書いた人

shirokiji04

しろきじの皮を被った紀州人。EX-LDGC251TB, NTYPEE60BR, G29, 無印の座椅子(小)というセッティングでお座敷ドライバー気取りです。好きなお菓子はシューラスク。