ニュルブルクリンク(ドイツ)のヴィッパーマンを上るGT-R nismo GT3 N24 Schulze Motorsport ’13

ようやくミッションチャレンジまで来ました。このシリーズも決して攻略ではなく、
その概要とミッションチャレンジ内の車両を確認する目的で追加しています。
GTSの収録車種にご興味がある方は、こちらも是非どうぞ。

GTS ミッションチャレンジ

今回もおさらいを兼ねて、ミッションチャレンジを振り返ります。
GTSのミッションチャレンジは、GT6のミッションレースを拡大させたようなイベントです。
ミッションチャレンジもドライビングスクールと同様に、1ステージに8つの課題(ミッション)があり、
1ステージ内の課題を全てブロンズ以上でクリアするとプレゼントカーがランダムに納車され、
次のステージへと進めるようになっています。
ステージは8つあり、合計64課題(ミッション)をブロンズ以上でクリアすると
GTSのエンディングムービーが解放されます。
64課題(ミッション)をオールシルバー以上、オールゴールドでクリアすると、
更にプレゼントカーがランダムにもらえるようですが、
私は所々でブロンズ止まりなので、そのプレゼントカーは目にしておりません…。

ここでもロードスターから始まります

ステージ1の最初の画面です。ドライビングスクールの最初の車はロードスターでしたが、
ミッションチャレンジでもロードスターから始まります。
ドライビングスクールは基本操作を学ぶ場で、コース内を殆ど単独で走っていましたが、
ここからはライバルと一緒に走るセクション(または周回)が大幅に増え、競技性が強くなります。
一部のレースではマシンセッティングが可能になっており、
報酬もこれまでのイベントと同様に発生します。
ドライビングスクールとミッションチャレンジ内の課題は、
一度ゴールドを獲得すると賞金と経験値はつきませんが、
マイレージポイントと走行距離は加算されます。

マシンセッティングや報酬等のスクリーンショットは以下のエントリー↓に載せていますので、
よろしければどうぞ。

ミッションチャレンジの続きはこちらで

ウィロースプリングス・レースウェイ ビッグウィロー

ドライビングスクールと同様に、少しずつ追加していく予定です。

この記事を書いた人

shirokiji04

しろきじの皮を被った紀州人。EX-LDGC251TB, NTYPEE60BR, G29, 無印の座椅子(小)というセッティングでお座敷ドライバー気取りです。好きなお菓子はシューラスク。